イートアンド、関東第三工場で新ライン稼働

群馬県板倉町にある生産拠点の関東工場

群馬県板倉町にある生産拠点の関東工場

 イートアンドは3月から、関東第三工場で冷凍のギョウザとシュウマイが生産できるハイブリッド式の新ラインを稼働する。23年12月に出火があった関東第一工場の6ライン中2ラインも復旧し3月から水ギョウザの生産を再開。関西工場と合わせて生産能力は出火前より10%アップし、安定供給を目指す。
 関東第三工場の新ラインは冷凍食品「大阪王将羽根つき餃子」「同たれつき肉焼売」の二つを切り替えながら生産する。「羽根つき餃子」は月間約18%増、「たれつき肉焼売」は月間最

購読プランはこちら

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら