ファミリーマート、食品ロス50年には8割削減 環境目標策定で

小売 ニュース 2020.02.26 12018号 04面

 ファミリーマートは、環境目標「ファミマ eco ビジョン2050」を策定し、テーマの一つである食品ロス削減では、30年に50%、50年に80%削減(18年対比)を目指す。  そのほか、温室効果ガス(CO2排出量)削減やプラスチック対策のテーマで取組みを推進する。気候変動に起因する社会変化に対応するため、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言にも賛同した。  50年に8割削減を目標とする食品ロス削減は、ウナギ弁当やクリスマスケーキなどの季節商品の予約販売を強化す

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら