4月全国SC売上高、7割弱も減少に

小売 統計・分析 2020.06.03 12060号 10面

 日本ショッピングセンター協会によると、4月の既存477施設の売上高は前年比68.8%減だった。前月に同28.0%減と統計が確認できる98年1月以降の最大の下落率を更新した。  新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、全館休業や食料品や医薬品などの生活必需品に関連するテナントに限定した営業の施設が全国的に増えたため、下げ幅を広げた。  立地別では中心地域が同78.7%減、周辺が同64.0%減だった。地域別では全9地区が大幅なマイナスで、とりわけ関東が同71.9%減

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら