5月全国SC売上高、下落改善も小幅

小売 統計・分析 2020.07.01 12074号 04面

 日本ショッピングセンター協会によると、5月の既存483施設の売上高は前年比61.4%減と8ヵ月連続で下落した。過去最大の下落幅を更新した前月より下げ幅は7.4ポイントの縮小にとどめた。  緊急事態宣言の延長で休業を継続したSCが多く、大型連休中の休業も影響した。段階的に緊急事態宣言が解除され、各地域で営業を再開し、郊外エリアを中心に客足が戻ってきたというが、大幅な回復にはならなかった。  立地別では中心地域が同75.8%減、周辺が同54.4%減だった。キーテナントの業態別の

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら