マルエツ、生鮮・惣菜で作業場を一体化 連携さらに強く

小売 ニュース 2020.08.05 12092号 04面
マルエツオリジナルの「優夢牛」を使ったグリルメニュー

マルエツオリジナルの「優夢牛」を使ったグリルメニュー

具材たっぷりの「デリクレープ」

具材たっぷりの「デリクレープ」

 マルエツは7月17日開店の「マルエツ横浜最戸店」で生鮮食品と惣菜の作業場を一体化し、各部門の連携をさらに強化した。売場でも生鮮食品と隣接し、平台も活用して生鮮惣菜を集合展開して訴求する。古瀬良多社長は「一つの方向性を示した」と位置付け、今後の店づくりに生かしていく考えだ。  同社は3月1日付の組織変更で生鮮惣菜を強化するため、フレッシュデリカ統括部を新設し、生鮮各部との横断的な連携体制を構築した。今回、作業場を一体化することで生鮮部門による専門性のある仕入れ力を惣菜部門にも

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら