セブン&アイ、CVS約3900店買収 北米での地位確立を

小売 ニュース 2020.08.05 12092号 01面

セブン&アイ・ホールディングスは、北米でコンビニエンスストア(CVS)事業を展開する連結子会社の7-Eleven,Inc.(セブン-イレブン・インク)が米国Marathon Petropleum CorporationからSpeedwayブランドで約3900店(19年12月時点)を運営するCVS事業と、燃料小売事業を運営する複数の会社の株式と、その他の持分を取得する契約を3日に締結した。今回の買収で店舗網を拡充して、北米でのCVS業界のリーダーの地位を確立する。今回の買収で店

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら