ファミリーマート・細見次期社長 次の成長へ礎築く 稼ぐ・削る・防ぐで明確化

小売 ニュース 2021.01.20 12173号 01面
社長に内定の細見研介伊藤忠商事第8カンパニープレジデント(左)と澤田貴司社長

社長に内定の細見研介伊藤忠商事第8カンパニープレジデント(左)と澤田貴司社長

 3月1日付でファミリーマートの代表取締役社長に内定した細見研介伊藤忠商事執行役員第8カンパニープレジデントは「次の成長に向けて確実に一歩踏み出し、礎を築くことがわたしの使命」と意気込みを示した。その上で事業を「“稼ぐ”“削る”“防ぐ”の観点で整理、明確化する。原点は商品開発、利便性、親しまれる店の3点」と18日のオンライン記者会見で話した。1丁目1番地と位置付けるサプライチェーンの再構築もデジタル技術の活用でコスト削減を図るほか、データ活用でも伊藤忠商事と連携を加速する。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら