マルエツ、東京・江戸川区に体験型店オープン

小売 新設・移転 2021.09.15 12292号 03面
大豆ミートを使った惣菜も新商品も含めてラインアップも広がる

大豆ミートを使った惣菜も新商品も含めてラインアップも広がる

 マルエツはデジタル化への取組みや実店舗の強みを生かした体験型の食品スーパーマーケット(SM)モデルとして東京都江戸川区に「マルエツ一之江駅前店」を10日に開店した。体験型店として今年2月に開店した船橋三山店(千葉県船橋市)に次ぐ2店目となる。品揃えではプラントベースフード(PBF)を使った弁当やベーカリーなどを商品化したほか、各売場でもコーナー展開する。年商は20億6000万円を目指す。
 古瀬良多社長はコロナが収束に向かう中、外食が復活してくるとみ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら