農林水産省と愛知県、食育推進全国大会 2日で2万人超来場

西村彰高隆祥房社長(右)自らギョウザ作りのコツを伝授

西村彰高隆祥房社長(右)自らギョウザ作りのコツを伝授

 【中部】農林水産省と愛知県が主催する第17回食育推進全国大会が18日と19日、常滑市の愛知県国際展示場で開かれた。約180団体が食育に関する展示・PRを行ったほか、講演会、ワークショップ、大会アンバサダー「チコちゃん」のステージイベントなど多彩な内容で大会を盛り上げた。2日間で2万3515人(当初目標2万人)が来場し、多くの家族連れが食育について楽しく学んだ。
 今回、愛知県を代表する食品関連企業が多数出展した。特に、県発祥の企業で構成する食育団体「

書籍紹介