メニュートレンド:これが、オムライス!? 卵とライスを混ぜてお好み焼き風に

2020.01.06 491号 23面
らすぷーる風オムライス 1,100円(税込み) オリジナルの甘辛ソース、鰹節、刻み海苔で仕上げる

らすぷーる風オムライス 1,100円(税込み) オリジナルの甘辛ソース、鰹節、刻み海苔で仕上げる

ライスと卵を混ぜ合わせることでとろとろの食感に。具材の存在感がある

ライスと卵を混ぜ合わせることでとろとろの食感に。具材の存在感がある

注文が入ってから一つずつ作り、焼き始めたら一気にオムライス形に

注文が入ってから一つずつ作り、焼き始めたら一気にオムライス形に

ライス、卵、具材を混ぜ合わせるのが“らすぷーる風”。ブランド卵をぜいたくにも3個使う

ライス、卵、具材を混ぜ合わせるのが“らすぷーる風”。ブランド卵をぜいたくにも3個使う

 ハンバーグ、フライ、ナポリタン……など、洋食屋のメニューは、どれも家庭料理としても一般的。家で作れるものを店で出すには当然、付加価値が求められる。オムライスも卵がふわとろとか、インスタ映えする盛り付けだけでは家庭料理や他店との差別化がイマイチ。「ケチャップライスを卵で包む」というオムライスの既成概念にとらわれず、オリジナリティーを追求したのが「らすぷーる風オムライス」だ。

   *

 「家でも作れるものは、お母さんが作るものにはかなわない。家では作れないものを作るのが、プロの料理人のプライドですね」と語るのは千葉康天オーナー。そこで考案されたのが「らすぷーる風オムライス」というわけだ。

 このメニューは、卵でライスを包むのではなく、卵とライスを混ぜ合わせたものをフライパンで焼きながら、オムライス形に整えるというもの。仕上げはトマトケチャップではなく、お好み焼きソースのような甘辛ソースを塗り、鰹節と刻み海苔をかけるという斬新さだ。中は卵かけご飯のような軟らか食感で、焼き色の付いた表面は香ばしい。

 こだわりの一つが具材の玉ネギをあめ色になるまで炒めて、玉ネギの甘さとコクを出すこと。ライス、あめ色玉ネギ、ピーマン、マッシュルーム、卵、生クリーム、醤油ベースのタレを混ぜ合わせ、フライパンで焼き始めると、あっという間にオムライス形になって完成。卵が固まる前に形を整えないと、卵ピラフのような仕上がりになる。プロの早業があるからこそ実現可能な、家庭では作れないメニューだ。

 同メニューは今から約20年前に誕生。それが、今、テレビや雑誌など多くのメディアで取り上げられ、注目度が急上昇。20年を経ても、人を引き付けるパワーに「らすぷーる風オムライス」のメニューとしての底力を見た。

 ●店舗情報

 「らすぷーる」 所在地=東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 コピス吉祥寺A館地下1階/開業=1972年/坪数・席数=16.5坪・43席/営業時間=月~木11時~21時30分、金・土・日・祝11時~22時。不定休/平均客単価=1200円/1日平均集客数=平日130人、土・日・祝250人

 ●愛用資材・食材

 「鳳凰卵」 小川フェニックス(相模原市南区)

 黄身を箸でつまめる卵

 ストレスのない環境で、水と餌にこだわって飼育された鶏の卵。飼料にはウコン、ヨモギ、漢方ミックス、カニやエビの粉末などを使用。「オムライスのおいしさの要になる卵には、徹底的にこだわっています。卵黄の盛り上がり、卵白の弾力、甘味とコクなど他にはない逸品です」と千葉オーナー。

 規格=10kg

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら