ほっとコーヒータイム(80)コーヒーをおいしくいれる温度

2014.12.01 233号 06面

 先月に引き続き温度のお話。今回は、コーヒーをいれるお湯の温度についてです。

 沸騰したての熱いお湯でコーヒーをいれると濃く苦みの強いコーヒーに。ぬるいお湯なら薄いコーヒーになります。では、甘味やコクのあるおいしいコーヒーをいれるのにちょうどいい温度とは?

 残念ながら、ズバリこの温度で、とは言い切れません。「甘味」も「コク」も「おいしさ」も人によって感じ方がさまざまですし、使う豆、器具、いれ方によっても適温が違うためです。しかし、コーヒーのいれ方に関する複数の書籍を調べたところ、一般的なペーパードリップで最も多く推奨されている温度が85~90℃でした。つまり沸騰後に数分間放置し、少し冷ました状態。慣れるまでは温度計を使えば確実です。

 ただ、自分にとって最高においしいコーヒーを確実にいれる方法は、まず高めの温度でいれて飲み、苦いと感じたら、少しずつ温度を下げていれてみること。また、豆が古い時も高めの温度でいれると味がよく出やすいそう。同じ豆でも、その魅力を引き出せるか台無しにするかは、お湯の温度とあなたの心意気次第ということですね。

 ●「きくのIFCコーヒー ドリップバッグ モカブレンド」

 モカ豆独特の甘い香りとまろやかな酸味の「モカブレンド」。1パック8g×5袋入、160円(税別)。

 ※要冷凍・冷蔵品

   *

 「きくのIFC」は、一般的に流通時の破袋防止のために行われるガス抜き(焙煎豆から出るアロマを含むガスを包装前に除去する処理)をせず、冷凍・冷蔵でアロマを封じ込め、豊かな香りが楽しめる。

 ▼めいらくグループお客様相談室

 TEL 0120・668833(9~18時)