Seminar Report:賞味期限・消費期限延長を可能とするハードルテクノロジーを活用した食品保存技術

2020.02.01 274号 74面

 ◆賞味期限・消費期限延長を可能とするハードルテクノロジーを活用した食品保存技術を紹介  2019年12月17日、食品ニューテクノロジー研究会の定例セミナー(座長:鹿児島県大隅加工技術研究センター 所長 岩元睦夫氏、主催:日本食糧新聞社)が日本食糧新聞社内「食情報館」で、「ハードルテクノロジーの活用による食品保存と食品ロス削減」をテーマに開催された。その内容を紹介する。    *  *  *  ◇食品ロスの削減に直結する食品保存技術  食品ロスは食料資源の浪費といった基本的問

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら