特集・労働安全2022:解説1=「エイジフレンドリーガイドライン」と「エイジアクション100」

2022.07.01 303号 17面

 ◇高年齢労働者の労災防止ほか労働安全
 少子高齢化が進む中、2021年4月1日に「高年齢者の雇用の安定等に関する法律」(高年齢者雇用安定法)が施行され、企業は65歳までの雇用確保措置を講じることが求められ、国を挙げて1億総活躍社会の実現を目指す方向に進んでいる。一方、労働災害による死傷者数では60歳以上の労働者が占める割合が27%(2019年)と全体の4分の1以上に上り、労働災害発生率は若年層に比べ高年齢層で高い傾向にある。