マルトモ、希少価値高いカツオ使用の鰹節削り発売

水産加工 ニュース 2019.02.15 11836号 09面
「近海一本釣り・ソフトけずり」(左)と「同・花かつお」

「近海一本釣り・ソフトけずり」(左)と「同・花かつお」

 【中国】マルトモは、希少価値の高い近海一本釣りのカツオ原料のみを使用した「近海一本釣り・ソフトけずり2.5g×10」「同・花かつお50g」を3月1日からそれぞれ新発売する。  同品は、カツオ類漁獲量全体のわずか7%である近海一本釣りのカツオ原料のみを使用している。そのため鮮度が良く、イノシン酸も多いことからコク味の強い鰹節となっている。  また、鹿児島県製造限定の鰹荒節を、同社一般品よりも薄く削っていることから食感がやわらかいのも特徴で、だし取り用はもちろん、料理のトッピン

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら