日本適合性認定協会、水産エコラベル認定に養殖業も

水産加工 ニュース 2018.04.09 11685号 02面

 総合認定機関の日本適合性認定協会(JAB)はこのほど、日本発の水産エコラベルの認定プログラムに養殖業認証を加えた。5月初旬から申請を受け付ける。すでに漁業認証の認定を1月末から開始しており、漁業・養殖の水産資源全般をカバーする形となった。JABは国際認定フォーラムなど国際的な認定機関に相互承認メンバーとして参加しており、水産エコラベル認証制度の国際整合性が大きく拡大した。  水産エコラベル認証制度は水産物の輸出拡大、東京2020大会の選手村における食

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら