ニチレイグループの2新社長が抱負語る 総合力で新価値創出 持続可能な社会へ対応

大櫛顕也ニチレイ社長

大櫛顕也ニチレイ社長

 持ち株会社ニチレイの大櫛顕也社長と、加工食品を担うニチレイフーズの竹永雅彦社長。4月に就任したニチレイグループの新社長2人が2日、経営の方向性や抱負を語った。大櫛氏は各事業会社間のシナジーを重視し、グループの総合力を高めて新たな価値創出を目指すと表明。竹永氏は主力の冷食事業の拡大を目指す中で、持続可能な社会実現への要請にも応えていく方針を明確化した。  大櫛氏は「分社化など歴代社長の推進した事業構造改革により、冷食や低温物流など各事業で確たるポジションを築いてきた」と概観。

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら