西友、健康配慮型弁当発売 日本糖尿病協会が監修

小売 ニュース 2015.11.11 11271号 04面
健康配慮型弁当を開発した若菜の中村真紀代表取締役(左)と日本糖尿病協会理事の山田祐一郎秋田大学教授

健康配慮型弁当を開発した若菜の中村真紀代表取締役(左)と日本糖尿病協会理事の山田祐一郎秋田大学教授

 日本糖尿病協会はカロリーや栄養バランスを考慮した健康配慮型弁当を初めて監修し、西友が「8品目のヘルシー弁当」(本体価格398円)として6~30日、全国341店で販売する。14日は世界糖尿病デー、9~15日は全国糖尿病週間に当たる。西友の完全子会社で惣菜の開発・製造・販売を担う若菜が開発した。  日本糖尿病協会によると、国内の糖尿病患者は特に高齢者が増加傾向にあるという。糖尿病患者予備軍も増加の一途をたどっているため、啓発活動を実施し、今後は、糖尿病患

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら