味の素社と長谷川香料、バニラ香料に商機 発酵製法を工業化へ

総合 ニュース 2016.11.16 11443号 02面
西井孝明味の素社長

西井孝明味の素社長

 味の素社と長谷川香料は、研究開発・事業化で業務提携しているフレーバー(食品香料)の天然物発酵製法について、バニラ香料となる発酵ナチュラルバニリンの研究段階での共同開発の成功を受け、今後は工業化の段階に進めることを決めた。2017年度中のサンプル提供を目指す。欧米の大手菓子メーカー、飲料メーカーが製品に利用するフレーバーについて天然物からの抽出や発酵で製造されたナチュラルフレーバーへの切り替えを表明し、その状況が加速しているだけに、発酵ナチュラルバニリンの工業生産には今後の商

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら