農畜水産・加工食品調達基準の骨格固まる 東京2020大会組織委員会

総合 ニュース 2017.01.16 11468号 01面

 2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会(東京2020大会)の開催に必要な物品・サービスに関する調達の基準や運用方法などを定める「持続可能性に配慮した調達コード」の骨格が、農産・畜産・水産それぞれの生鮮食品、加工食品の個別基準とともにおおむね固まった。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と契約を締結する物品・サービスの提供事業者に対し、生鮮食品については持続可能性の観点から定めた基準を満たすものを、加工食品については主要な原材料が同基準を満たすもの

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら