イオンアグリ創造、店舗供給の農作物をオーガニック化 有機JAS認定で

総合 ニュース 2017.03.08 11495号 10面

 イオングループの農業事業会社イオンアグリ創造は、首都圏のイオングループ店舗へ供給する農作物をオーガニック化で強化する。埼玉日高農場(埼玉県日高市田波目)で18年1月14日以降に種をまくか、苗床から畑へ本式に植えて育てた収穫物からは、例えば「オーガニックキャベツ」などと表記して販売する。同日までの間は「オーガニックキャベツ 転換期間中」などと表記する。  1月17日に同農場が有機農作物の生産行程管理者「JA170117FA-1」として有機JAS認定を受けたことで可能になった。

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら