西友、スマホレジ本格導入 19年度40~50店計画

小売 ニュース 2018.10.03 11774号 03面
「スマホdeレジ」のハンドスキャナーの読み取りは1回だけ。セルフレジ決済の時間短縮が期待される

「スマホdeレジ」のハンドスキャナーの読み取りは1回だけ。セルフレジ決済の時間短縮が期待される

 西友は19年度、40~50店の改装計画を公表した。9月27日、さいたま市で開店した最新店「東大宮店」がそのモデルとなる。西友の本部とウォルマート・ジャパンの本社に隣接する赤羽店で年初から実験導入していたスマートフォン(スマホ)活用のセルフレジ決済を東大宮店から本格導入、ウォルマートが国際的に展開している同決済によるレジ待ち時間解消などの検証を19年度の40~50店の改装時にも進める姿勢を示したことで今後の日本事業の継続を印象づけた形。  スマホ活用の

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら