サントリーHD、コンテナ効率利用を拡大 輸送距離の削減へ

酒類 ニュース 2018.08.06 11742号 02面

 サントリーホールディングス(HD)は、原材料の輸入用コンテナを効率的に利用するコンテナ・ラウンド・ユース(CRU)の取組みを拡大する。4月に茨城港を経由するコンテナでスタートしたが、8月から東京港を経由するコンテナでも開始する。  港湾でのトラックドライバーの待機時間短縮が課題となる中、「トラックによるコンテナ輸送距離を削減するとともに、港に出入りするトラックを減らし渋滞を緩和する」(同社)狙いがある。  CRUは、コンテナの

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら