全国きな粉工業会、総会開催 女子栄養大と機能性など産学連携で研究

農産加工 総会 2015.07.27 11216号 03面
武内秀行会長

武内秀行会長

 全国きな粉工業会は、7日に行われた通常総会で、産学連携によるきな粉の研究を進めることを明らかにした。女子栄養大学と連携して、日本の伝統食としてのきな粉の啓蒙(けいもう)普及に取り組み、きな粉の食べ方や機能性を含めた優位性を探っていく。総会ではすべての議案が承認され、新規に幸田商店の入会が報告された。  同工業会はこれまでも、7月5日「きな粉の日」に合わせて、バナナにきな粉をまぶした「きな粉バナナ」試食キャンペーンや、小学校における「きな粉の食育体験授

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら