日本洋酒輸入協会、「番号削除」根絶へ 国税庁に要望書

酒類 ニュース 2018.07.02 11724号 03面

 商品識別番号(ロット番号)が削除されるなどした輸入酒が国内に流通している問題で、削除品を規制するための新たな制度づくりが進む。  酒類の輸入業者からなる日本洋酒輸入協会が6月26日、削除品の根絶に向け法的規制を求める内容の文書を同22日に国税庁に提出したと発表。事故発生時の商品追跡など、制度化によって消費者のさらなる安全性確保が求められる。  輸入ワインやウイスキーのボトルに記載されているロット番号で製品の製造時期や場所を特定

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら