三菱食品、16年消費の重要キーワード示す 「健康」「格差」「ボーダーレス」「介護・シニア」

卸・商社 ニュース 2015.12.14 11285号 01面
原正浩執行役員マーケティング本部長

原正浩執行役員マーケティング本部長

 来年は「格差」「ボーダーレス」などに着目--。三菱食品の原正浩執行役員マーケティング本部長は9日、同社が東京都内で開いた市場展望などの説明会で、16年に重要度が増すと予測される消費のキーワードを示した。低所得者層の拡大やCVSと小型SMの本格競争の始動、TPP合意などで進む環境変化を分析し、独自に抽出したもの。(篠田博一)  原氏は15年の食品市場を振り返り、ここまでSMの業績は総じて堅調、食品の支出額も伸びてはいるが、「生鮮相場の高値や製品値上げによるもので、生活者の負担

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら