京葉食品コンビナート、災害時に海自へ埠頭提供 速やかな救助活動を支援

総合 ニュース 2016.09.16 11414号 01面
6日、京葉食品コンビナート南岸壁に係留する退役南極観測船「SHIRASE5002」船上で調印式を行った

6日、京葉食品コンビナート南岸壁に係留する退役南極観測船「SHIRASE5002」船上で調印式を行った

 三井物産が幹事会社を務め、多くの食品関連企業が加盟する京葉食品コンビナート協議会(千葉県船橋市、羽鳥信会長)と海上自衛隊は、大規模災害発生時における埠頭(ふとう・バース)の使用に関する協定を結んだ。首都圏直下型地震などが発生した場合、自衛隊へコンビナートの埠頭を開放し、速やかな人命救護活動を支援。民間所有の埠頭を自衛隊の救助活動へ提供する協定は、初の事例となる。(篠田博一)  海上自衛隊は災害が起きた際、法律によって地方自治体が管理する公共の埠頭を自由に使用できる。しかし、

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら