今度は“タンパク質” 三菱食品、「からだシフト」12品一挙投入

卸・商社 ニュース 2019.02.18 11837号 01面
13~15日に幕張メッセで開催された「SMTS2019」で初披露し、来場した小売バイヤーなどの注目を集めた

13~15日に幕張メッセで開催された「SMTS2019」で初披露し、来場した小売バイヤーなどの注目を集めた

 三菱食品は糖質オフで展開してきた健康軸のマスターブランド「食べるをかえる からだシフト」の第2弾として、タンパク質をテーマにした新シリーズを投入する。1日に必要とされるタンパク質60g以上を、3度の食事で効率的に摂取できる商品設計としたのが特徴。独自技術でタンパク質を強化した12品を一挙に発売し、市場を面で攻める販売戦略を展開する。  25日から、全国のSMやCVS、DgSなどで発売。「キーマカレー」(タンパク質含有量22.5g)、「麻婆豆腐の素」(2食分同45.1g)、「

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら