凸版印刷、新型パウチ容器開発 内容物付着20%減

撥液機能を付与したことで内容物を素早くきれいに取り出せる

撥液機能を付与したことで内容物を素早くきれいに取り出せる

 凸版印刷はこのほど、袋の内側に内容物が付着しにくい食品向けレトルトパウチの新製品を開発した。19年1月からパスタソースやカレーなどのレトルト食品や調味液、食用油を扱うメーカー向けにサンプル出荷を開始し、19年春に本格販売する。この技術をパウチ以外の各種容器にも展開し、20年度に関連受注を含め約30億円の売上げを目指す。  同製品はパウチと内容物の接触面に使用されるポリプロピレン樹脂に特殊加工を施し、内容物の取り出しやすさを向上させたレトルトパウチ。開

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら