ヤオコー、来期に都市型小型店 都心20km内へ進出

小売 ニュース 2016.05.25 11357号 04面

 ヤオコーは都市型小型店の開発に乗り出す。売場面積300坪(990平方m)程度で従来より都心に近いエリアに来期から進出する。これまで同社の出店エリアは都心から20~40kmのドーナツ状の範囲だったが、20kmよりも内側に入る。東京23区西部を通る環状八号線側から出店する。300坪で顧客に支持される店作りを実験する。  都市型小型店の開発について、川野澄人社長は「300坪のなかでお客さまに来ていただける強みのある店にできるのか、今までの店作りからいったん離れて新しいものを作るつ

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら