明治、サステナブルカカオ100%へ 持続可能な生産貢献

菓子 ニュース 2020.03.27 12031号 02面

 明治は25日、持続可能なカカオ豆生産の実現に貢献するため、「2026年度までにサステナブルカカオ豆の調達比率100%」を目指す目標を設定したと発表した。調達目標の達成に向け、20年度に、具体的な調達方法とスケジュールを立案する。  近年、世界全体のチョコレート消費量は増加傾向にあるが、主原料のカカオ豆の生産地域や農家を取り巻く環境は、森林破壊、児童労働、栽培技術の周知不足などさまざまな課題が存在する。同社は、こうした課題解決に向けた取組みを行うことでカカオ豆の生産地域や農家

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら