山崎製パン、20年12月期連結決算 コロナ禍で苦戦

小麦加工 決算 2021.02.22 12191号 03面

 山崎製パンの20年12月期連結決算は、売上高が前年比4.4%減の1兆0147億4100万円、営業利益が同29.8%減の174億3800万円、経常利益が同28.6%減の197億3400万円、純利益が同49.8%減の69億5600万円で減収減益となった。コロナ禍に伴う、在宅時間の増加で食パン、食卓ロールなどは好調に推移したが、在宅勤務の増加などで、コンビニエンスストアの菓子パン、サンドイッチ、米飯などの需要が減少し子会社のサンデリカが減収、さらに、商業施設などの休業営業時間短縮

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら