2022新春の抱負:カルビー・伊藤秀二代表取締役社長兼CEO 持続可能社会実現へ

菓子 インタビュー 2022.01.19 12349号 05面

 昨年は新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威を振るい、人々の価値観やライフスタイルが大きく変化した一年でした。また、昨秋開催された「COP26」におけるグローバル規模での気候変動議論に代表されるように「脱炭素化」の流れが世界中で加速し、持続可能性が強く意識される社会への変化を実感しています。カルビーグループの事業でも昨夏の不順な天候によって北海道産原料バレイショの収量が減少するなど、気候変動が及ぼす影響を感じています。カルビーグループはこれら事業環境の変化や社会課題に対応す