森永製菓、6月10日「ミルクキャラメルの日」に向け話題最大化 純烈とコラボも

 森永製菓は6月10日の「ミルクキャラメルの日」に合わせ商品、プロモーション施策を展開し話題を最大化する。商品施策では「ヨーグルトキャラメル」や「ミルクキャラメル」の味わいをイメージした「ミルクキャラメルガレットサンド」「ミルクキャラメルクリームサンドクッキー」などを期間限定で5月31日から発売。プロモーションは、2年連続でスーパー銭湯アイドル「純烈」とコラボレーションした「どこでも一緒に連れていってキャンペーン」=写真=を展開している。

 1913年6月10日発売の「ミルクキャラメル」は、パッケージにある「滋養豊富・風味絶佳」という言葉の通り、創業者・森永太一郎氏が「日本の人々に栄養価の高いお菓子を提供したい」という思いを込めた、同社の原点ともいえる商品。ミルクキャラメルを通じ、懐かしい思い出を語り合う日として2000年に6月10日を「ミルクキャラメルの日」として登録し日本記念日協会から制定された。

 純烈とコラボした「どこでも一緒に連れていってキャンペーン」は、5月23日に開始。純烈メンバーが「ミルクキャラメル」に最適なシーンを耳元でささやく「あまくとろける限定ボイス」全12種類を特設サイト(https://www.morinaga.co.jp/caramel/junretsu/campaign2022/)で公開。

 さらに、対象商品の購入レシートで応募できるプレゼントキャンペーンを実施。賞品には、純烈メンバーによるオリジナルボイスが収録された「純烈ボイス付き目覚まし時計」が100人に、「純烈オリジナルデザインQUO1000円分」が1000人に当たる。さらに、Amazonギフト券が抽選で当たるツイッターキャンペーンも実施。(青柳英明)