カンロ、上期は営業最高益に 下期、Z世代開拓を深耕

菓子 決算 2022.08.03 12444号 02面
三須和泰社長

三須和泰社長

 カンロの3ヵ年新中期経営計画初年度に当たる22年12月期第2四半期は売上高が前年比23.3%増の120億6400万円、営業利益は同133.6%増の10億2700万円で過去最高益を達成、企業ビジョン「KanroVision2030」実現へのファーストステップと位置付ける新中計を順調に滑り出した。
 7月29日開催のオンライン説明会で三須和泰社長は22年下期、企業ビション達成に向け、長期目線でニーズの掘り起こしや市場開拓を目指す。コア事業、グローバル事業