日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ぐるなび総研「今年の一皿」 鶏むね肉料理に決定

外食 ニュース 2017.12.06 11629号 01面

三反園訓鹿児島県知事(中央)と北野良夫ナンチク専務(左から2人目)
三反園訓鹿児島県知事(中央)と北野良夫ナンチク専務(左から2人目)

今年の一皿は「鶏むね肉料理」。パワーサラダなどの具材としても需要が広がった
今年の一皿は「鶏むね肉料理」。パワーサラダなどの具材としても需要が広がった

 ぐるなび総研は4日、「2017年 今年の一皿」に「鶏むね肉料理」を選定した。日本では一般的に「もも肉」が好まれるが、高齢化や健康志向の高まりから「むね肉」の高タンパク・低脂肪の特性に注目が集まった。「むね肉」は、加熱すると硬くなりパサつくという問題があるが、塩麹に漬ける・真空低温調理などの調理技術によって問題を解消。17年は主食サラダの具材として活用されるなど、需要が広まったことが評価された。

 同日、東京都内のホテルで行われた授賞式では食鳥出荷羽数日本一の鹿児島県から三反園・・・
[全文は電子版会員登録を]