豪州食品の対日輸出(上)豪政府・農業政策 農産物ビジネス拡大で62億円の予算確保

農産加工 連載 2021.06.28 12250号 03面
豪州ではワインラベルをスマホで撮影するだけで、100%の原料が豪州産かそうでないかを簡単に判別するアプリを開発している

豪州ではワインラベルをスマホで撮影するだけで、100%の原料が豪州産かそうでないかを簡単に判別するアプリを開発している

◆生産規模、30年に8兆円目指す

オーストラリア(豪州)政府は2020年12月、農産物ビジネス拡大のための取組み(ABEIプログラム※(1))に「7270万豪ドル(約61億7000万円、1豪ドル=84.6円)の予算確保した」と発表した。豪州の農産物生産規模は現在660億豪ドルだが、30年には1000億豪ドル(約8兆円)までの拡大を目指す。豪州経済にとって自国の農業がどれだけ重要な役割を果たしているか今回の予算拡大からも読み取れる。食品対日輸出について豪州政府の取組みを2回に