大阪・仙台・金沢国税局主催「GI日本酒シンポジウム」 GIで日本酒振興

パネルディスカッションなどが行われたGIをテーマにしたシンポジウム

パネルディスカッションなどが行われたGIをテーマにしたシンポジウム

 【関西】大阪、仙台、金沢の3国税局は、地理的表示(GI)の普及・認知度向上を目的に「GI日本酒シンポジウム~この土地だから できる酒がある~」を12日、大阪市北区のグランフロント大阪で開催した。基調講演や日本酒でGI認定されている「灘五郷」「山形」「白山」の代表者らによるパネルディスカッション、試飲会を通じ、参加者らがGIを活用した今後の日本酒について理解を深めた。  GIをテーマにした3局主催によるシンポジウムとしては初開催となる。事前応募の約300人が参加した。  開会

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら