宝酒造・甲類焼酎戦略 「宝焼酎」の品質と伝統訴求 若年層のトライアル獲得も

酒類 ニュース 2020.09.30 12125号 03面
(右)=宝焼酎 (左)=こだわりのレモンサワー用〈宝焼酎〉

(右)=宝焼酎 (左)=こだわりのレモンサワー用〈宝焼酎〉

 宝酒造の甲類焼酎事業はコロナ禍の中、家庭用を中心に好調を維持。ロイヤルユーザーへあらためて「宝焼酎」の品質と伝統を訴求する。一方でレモンサワーブームを受けてベースアルコールとしての甲類焼酎の魅力を発信。「家飲み需要」が伸び、甲類焼酎を使ってこだわりのレモンサワーを作るニーズが高まっており、オンテーブルに合う中容量の600ml瓶に注力し、若年層に向けてトライアルの獲得も目指す。(藤林敏治)  コロナ禍で業務用市場の落ち込みの影響はあるものの、同社の甲類焼酎事業は「家飲み需要」

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら