加藤産業、上期は取引増大 既存得意先中心に

卸・商社 決算 2022.05.25 12403号 03面

 【関西】加藤産業の22年9月期中間(21年10月~22年3月)の連結業績は、売上高に当たる営業収益が5151億4300万円となった。今期から収益認識に関する会計基準を適用しており、既存得意先を中心に取引が増大したことから21年度実績ベースでは総売上高は5866億8500万円となり、前年比3.9%増となった。営業利益は70億2300万円、経常利益80億6600万円、当期純利益52億5800万円。
 セグメント別概況は、常温流通が営業収益3279億180