日本ヘルスケア学会年次大会 商品選択肢増やし「食と健康」市場の成長へ

 日本ヘルスケア協会主催の第3回日本ヘルスケア学会年次大会が6~7日、東京都内で開催され、同協会・流通部会が「食と健康」市場の現状などについて報告を行った。  報告によると、「食と健康」市場の成長パターンは3パターンあると分析。具体的には、多数の商品が参入し市場規模や成長性に寄与する「分散型」、多数の商品が参入するが少数の商品に売上げが集中する「集中型」、少数の商品が市場規模や成長性に寄与する「先行型」を挙げた。  「先行型」は全身ケア製品、「集中型」は目、骨関節、皮膚などの

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら