ケンコーマヨネーズ、20年上期は増収益と好調

調味 決算 2019.11.27 11976号 02面
炭井孝志社長

炭井孝志社長

 ケンコーマヨネーズは21日、東京都内で2020年3月期第2四半期決算説明会を開催し、売上高が前年比1.0%増の377億6600万円、経常利益が同5.2%増の15億9000万円、当期純利益が同22.2%増の11億0400万円となったと発表した。  事業別の業績を見ると、調味料・加工食品事業は、主力の1kg形態のポテトサラダ、素材を生かしたチルドポテトが好調に推移。コンビニエンスストア(CVS)向けではゴボウサラダや大豆ミートを使用した商品が外食向けに増加した。また卵加工品につ

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら