マルハニチロ、新東京開発センター開設 顧客ニーズに応える

料理を試作

料理を試作

 マルハニチロは7月29日、報道陣に新東京開発センターを公開した。大田区東六郷から中央区豊海町にある豊海センタービル3階に移転。7月から稼働を開始した。新たに試作室などを設置したのが特徴。  同センターは、各事業部門の開発機能を集約し、各部門で蓄積した技術や情報を共有化して、新たな食の可能性、価値の創造に挑み、顧客ニーズに応えていくのが狙いで、冷蔵・常温・冷凍食品の開発を行う。フロアコンセプトは、自然界の要素を常に感じる空間で多様なアイデアを誘発し、モチベーションを高め、創造

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら