カネ美食品、工場再編へ意欲 惣菜冷凍化も検討

 カネ美食品は20日に開催した21年2月期決算説明会で、コロナ禍に合わせたニーズに対応するため、既存工場の再編に意欲を示した。また、商品面では日持ちのするチルド商品に注力しつつ、冷凍惣菜の販売も検討していることを明らかにした。
 21年2月期の外販事業の売上高は前年比17.3%減の351億5300万円となり、コンビニエンスストア(CVS)の落ち込みが大きく響いた。生協宅配向けは同8.9%増の21億2400万円と好調だったものの、主力のファミリーマート向

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら