ニチレイフーズ、フードテックジャパンで講演 AI選別技術で食品ロス削減

吾郷友亮マネージャー

吾郷友亮マネージャー

 ニチレイフーズの技術戦略部装置開発グループの吾郷友亮マネージャーは15日、第2回フードテックジャパン(10月13~15日開催)において講演し、鶏肉原料、春巻き、唐揚げを例に、それぞれAI選別技術によって食品ロス削減に取り組んでいることを紹介した。
 同社のある工場で仮に0.5%が残さとなって食品リサイクルすると1日当たり100kg、年間30tの残さが食品リサイクルされる計算となることを紹介。「限りある資源を有効活用することをお客さまへの責任として、食

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら