ケンコーマヨネーズ・第2四半期 FF向け伸長で増収増益

調味 決算 2021.12.01 12331号 03面
炭井孝志社長

炭井孝志社長

 ケンコーマヨネーズの22年3月期第2四半期の業績は、売上高が前年比11.8%増の374億8700万円、営業利益が同31.9%増の7億円と増収増益となった。外食分野の回復が進んだことやファストフード(FF)向けを中心に売上げ拡大したことが寄与。利益面では、原料価格高騰による大幅なコスト増加があったものの、売上高増加に伴う工場の稼働率向上や経費削減、マヨネーズ類の価格改定によって収益が改善した。
 カテゴリー別では、調味料・加工食品事業の売上げは前年比1

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら