ヤマナカ、第2四半期は減収減益 客単価は微増

小売 決算 2019.11.08 11968号 03面

 【中部】ヤマナカ(名古屋市東区)の20年3月期第2四半期連結決算は、営業収益が前年比2.0%減の480億5900万円、経常利益が同16.7%減の2億8500万円、純利益が同37.3%減の1億4500万円で減収減益となった。  売上げについて、既存店売上高は前年比2.1%減。全社の客単価は同0.2%増、業態別では「ヤマナカ・フランテ館」の客単価も同0.2%増と健闘した。生産性向上の取組みによる人件費の抑制など経費削減は進むが、売上げの減少をカバーするには至らなかった。  商品

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら