ヒットの兆し:北原産業「ペーパーシールド」 組み立て簡単、低コスト

 北原産業が6月10日に発売した「ペーパーシールド」は紙とOPPフィルムが原料の使い捨てフェースシールド。コロナ禍の飛沫(ひまつ)感染防止策で世間認知が一気に高まったフェースシールドを、組み立て簡単で安価ながら衛生面に配慮した紙ベースにし、講演会や展示会イベントなど一時の密が想定される現場の“サービス受給側”への装着を提案していく。紙部分にオリジナル印刷が施せるため、水族館などの室内遊戯施設からすでに導入前向きな反応を得ている。  同品の特徴は自らで簡単に組み立てられる手軽さ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら