全国調理食品工業協同組合、HACCP義務化で補助金制度を可決

岩田功理事長

岩田功理事長

 全国調理食品工業協同組合は6日、京都市のホテルグランヴィア京都で約50人が参加して理事会と新年会を開催し、令和元年度の業績見込みと次年度の収支予算案など6議案を満場一致で可決した。  理事会では冒頭、岩田功理事長が「京都に降り立ったが、人が少ない。われわれの業界にどんな影響があるのかはこれから」と新型コロナウイルスの影響で観光客が激減している京都を目の当たりにした感想を述べ、「組合の事業は順調に推移して決算も予定通りの着地を予定。イカの特別輸入枠が出ると上振れ着地を見込む」

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら