「食品産業 平成貢献大賞」受賞企業:テーオー食品 伝統と新しさの融合へ

調味 特集 2019.08.19 11926号 15面
高橋正則 代表取締役社長

高橋正則 代表取締役社長

「テーオー生おろししょうが」 「テーオー生おろしにんにく」

「テーオー生おろししょうが」 「テーオー生おろしにんにく」

 ●沿革  テーオー食品の歴史は1887(明治20)年までさかのぼる。創業者の高橋元吉氏が、東京都小金井で唐辛子の製造販売を始めたのが最初。その後、取り扱い品目を香辛料全般に広げ、1945(昭和20)年の創立に至る。現在は業務用香辛調味料メーカーとして、特にショウガ、ニンニクにおいて高いシェアをもち、確固たる地位を築いている。  ●表彰理由  業務用カレールウを中心とする香辛調味料で長い歴史を持つテーオー食品は、外食・中食市場のニーズに対応し、ショウガ、ニンニクなどの製品開発

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら