上野砂糖、砂糖から働き方改革提唱 小分け包装ライン稼働

菓子 ニュース 2019.06.12 11891号 08面

 【関西】上野砂糖は、このほど業務用砂糖の小分け包装ラインを稼働させた=写真=。通常、業務用の砂糖は20kgや30kgと決まった大容量のサイズだが、ユーザーが1回のバッチで投入する砂糖の分量に合わせて事前にポリ袋に小分けし、輸送用のクラフト紙にまとめて詰めて、納入するサービスだ。現在は大阪府内を中心に受注しているが、拡大も視野に入れる。  これによって20kgや30kgという重量を運ぶ必要がなくなり女性でも扱いやすくなること、大容量の袋から必要量をバッチごとに計量する手間が省

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら